top of page
Our Story
100年後の、”げんき”のために
「学び」「旅」「食」で、貢献する仕事を。
私たちが活動の拠点としている自然のフィールドでは、雨風雪嵐といった気象を含めた様々な環境の変化が、容赦なく平等に常に降りかかります。生命存続の危機的状況に陥る環境に遭遇することは自然を相手にする生物にとっては日常茶飯事です。厳しい環境下でも、種は、土と光と水と風、つまり基盤があれば、どんなに寒い冬でも、雪が解けて春が来て、必ず新しい芽を出します。生物はどんな環境でも、種を繋ぐ戦略を立て、逞しい生命力で生き抜き続けてきたからこそ、いまここ、目の前にいるわけです。
未来視点から、持続をファンダメンタルにとらえて、バトンを渡し繋ぐ。どんな環境変化でも、未来へ目線を上げ、したたかに現実に向き合い、100年後でも自律的に芽を出していく、成長に必要な「基盤」づくりを、常に事業の 真ん中において、私たちはこれまでも、これからも、進んでいます。
100年後の仲間と郷土を見据え、「旅と移動」と「学び」と「食」の3つの領域を事業として編み、集め、繋ぎながら、次の世代に貢献していきたい、と考えています。
​どうか、お力添えいただけますよう、よろしくお願いいたします。

In the natural field where we base our activities, various environmental changes, including weather conditions such as rain, wind, snow, and storms, relentlessly occur, showing no mercy equally. Encountering situations of existential crisis in the environment is a common occurrence for organisms interacting with nature. Even in harsh conditions, seeds, with the foundation of soil, light, water, and wind, in other words, with a foundation, will sprout new shoots without fail when the cold winter ends, and the snow melts to welcome spring. Because living organisms have always devised strategies to connect seeds and have persevered with robust vitality in any environment, they are here right in front of us now. Taking a future perspective, considering sustainability as fundamental, and passing on the baton. Facing any environmental change with a gaze toward the future, looking reality squarely in the eye, and always having the foundation to sprout autonomously for growth — these are the foundations that we are always placing at the core of our business. From a future perspective, looking at the community and companionship a hundred years from now, we aim to contribute to the next generation by weaving, gathering, and connecting the three domains of "travel and mobility," "learning," and "food" as business. We hope for your support as we embark on this journey.

IMG_4227.jpeg

01

Business Unusual

Watercolor Penguin 3_edited.png
​学びとこども

私たちは、手本は自然であり、この地球の仕組みだと考え、物事を進めていきました。ここから未来を担う子供たちに向けて、「がっこう」以外のもう一つの選択肢として、これまでの教育の考え方をさらに拡張し、自然の中で火や様々な道具とデジタルを使い遊び、ソウゾウリョク(想像・創造)と学ぶ力のカリキュラム造成を2016年から実践しています。

 

02

​旅と移動

​We thought that the model is nature and the ecosystem of this earth, and we proceeded to make things happen. From here, as another option other than "school," for children who will be the leaders of the future, we have further extended our previous educational approach and have been practicing since 2016 the creation of a curriculum for children to play in nature using fire, various tools and digital technology, and the power of sōzōryoku (imagination and creation) and learning.

Watercolor Penguin 3_edited.png

旅と移動には、その先に新しい体験があり、太古に時代から自己と世界を本質的に変えていく力があります。インバウンドも含めた旅客にとっての「新しい旅」の体験を目指し、地方の持続可能な新しい価値を創出。観光事業を入り口とした地方魅力化、創生への貢献を目指しています。そのため、地域共創型組織による新体験価値開発と、リアル/デジタル両軸でのサービス提供、地元と旅客による地域魅力情報発信の3つを軸に実践していきます。

03

​食と農

Travel and mobility have the power to essentially change the self and the world since time immemorial, with new experiences ahead of them. We aim to create "new travel" experiences for passengers, including inbound travelers, and create sustainable new value for local regions. We aim to contribute to the attraction and creation of local regions through the tourism business as a gateway. To this end, we will implement three key initiatives: the development of new experience value through a regional co-creation type organization, the provision of services in both the real and digital worlds, and the dissemination of information on regional attractions by local communities and their passengers.

Watercolor Penguin 3_edited.png

国内の1次産業は人口減少や食の多様化により需要が減少し、価格低迷などで経営は厳しさを増しています。私たちは先達が愛情をこめて大切に誠実につくってきた米や農作物とそこから創造される食文化のバトンを受けながら、新しい解釈と方法で循環による価値を創出し、調達・生産・加工流通・消費の活性化実現に海外市場を視野に入れ、貢献していきたいと考えております。同時に、消費者が、今も100年後も変わらず笑顔で食卓を囲むことができる場と機会の提供と、循環型の持続可能な食料システムへの貢献にも取り組んでおります。

The primary industry in Japan is facing declining demand due to a shrinking population and diversifying dietary needs, and stagnant prices are making business more difficult. We would like to contribute to the revitalization of procurement, production, processing, distribution, and consumption, with an eye on overseas markets, by creating value through recycling based on new interpretations and methods, while taking the baton of rice and agricultural products and the food culture created from them, which our predecessors have produced with love, care, and sincerity. At the same time, we are committed to providing a place and opportunity for consumers to enjoy their meals with a smile now and 100 years from now as well as to contribute to a sustainable food system based on recycling.

◆学びと子ども
画像3_edited.png

2024年度 デジタルガキ大将キャンプは、

トヨタ白川郷自然學校をホームグラウンドとして

年4回 各回2泊3日で開催します。
春:2024年4月27日(土)~ 4月29日(祝・月)

夏:2024年7月13日(土)~ 7月15日(祝・月)

秋:2024年9月14日(土)~ 9月16日(祝・月)

冬:2024年11月2日(土)~ 11月4日(祝・月)

 

私たちが目指すのは”子どもたちの「生きる力/幅広い視野や深い思考力」を育むこと。
デジタル領域での学びと自然体験領域での学びをバランスよく組み合わせたカリキュラムのキャンプです。生き抜く道具として、火やナイフに加えデジタルテクノロジーにも向き合います。キャンプを通じて、自然・身体・五感・テクノロジーを使いこなす、

リーダーシップと実践的な創造力備えた「デジタルガキ大将」を育てます。

_DSC8105_edited.jpg

私たちの「答え」は、目の前に凛とたたずむ生き延びてきた自然そのものが答えであり、いつでも自然と会話をすれば、どう生きていけばよいか、教えてくれています。子供たちは自然から、自身の五感と可能性を広げ、未来への挑戦に自信を持って立ち向かえる力を受け取る​はずです。私たちは日常になっているデジタルテクノロジーをつなぎながら、新しい自然体験プログラムやアクティビティ開発を通じて、これからの時代に求められるリーダーシップと実践的な創造力を備えた「デジタルガキ大将」たちの未来に貢献していくことを目指しています。活動の結果は、子どもたちが大人になる10年後!の新しい自然体験プログラムです。2024年は、白川村「トヨタ白川郷自然學校」をフィールドに開催となったことから、一緒の想いで未来の仲間たちの役に立つことを願って活動する仲間を募集しています。

デジタルガキ大将キャンプinトヨタ白川郷自然學校
「岐阜住学」学生インターン募集開始

 
画像3.png
画像4.png
キャプチャ.GIF
◆旅と移動「新しい観光」

01

【地域共創型】

旅行者向けデジタルクーポン

目的地となる地域の観光施設・宿泊施設の皆さんとともに「おもてなしサービス」の開発~提供手段としてのデジタルクーポン(トークン)発行&集客プロモーションまでを​計画し実施しています。

jal 四国クーポン.JPG

​02

【移動体験型のデジタルサービス】​
旅行移動時のデジタルとリアルがつながる新価値体験提供

常に旅客と現場・現実・現物を把握しながら旅行移動時の交通移動導線の点と線、デジタルデバイスでのバーチャル体験と旅行先でのリアル体験の間を繋ぎ旅客に新しい移動時の快適なサービスの開発と提供しています。

​03

【地域魅力情報発信】
自主独立共創型の地域発信観光旅行メディア​

自主自律型の地域独自の魅力情報発信を実施。世界中の顧客と地域がダイレクトに繋がり、経済需給だけでない新しい関係性を構築しています。

画像10.png
画像15.png
画像17_edited.png
画像7.png
0420_SSC4.jpg
キャプチャ.JPG

Scheduled to be launched on June 15, 2024

6月15日
世界13か国にて
​創刊予定

 
tate2.jpg
◆食と農「2050年の食卓を創る」

1

日本の風景と文化と

自然環境承継を見据えた

新しいプロビジョン事業 

日本の風景と文化、その基盤となる自然環境の持続を目的に据え、海外の消費者動向や需要を明確に踏まえたうえで、コメ・農産物を中心とした加⼯適性のある食材を使ったプロビジョン事業に取り組み、新商品開発およびその支援サービスを、提供しています。農作物・農加工品のマーケティング支援から、海外法人個人と販売マッチングにも取り組んでおります。

iStock-835821324.jpg
iStock-1355006936.jpg
iStock-1409926568.jpg

2

世界へ向けた

日本食文化・日本食材の

情報発信と啓蒙活動

観光インバウンドで日本の食を体験する世界の人々が、毎月300万人と言われています。これをまだ知られていない地方独特の食文化を知っていただく絶好の機会と捉え、日本の農林水産文化の体験価値を魅力の掘り起こしと販売を見据えた戦略的な啓蒙活動PR、広報、及び商品化支援に取り組んでいます。
 

3

「子ども食堂」を通じた

地域の居場所の食卓支援&

フードロス対策プロジェクト

子どもたちが夢と希望を持ち、フェアで活気ある社会であることで、はじめて新しいイノベーションが生まれます。そのためにも、「子ども食堂支援」を通じで未来に活躍する子どもたちのチャンスが奪われるようなことがない社会環境整備に少しでも貢献すべく、フードロスの視座も鑑みJA金沢市と共に子ども食堂への物資・食材支援活動「ほがらか村スマイルデリバリー」など、実施しています。

NihonGenki Our Team.

キャプチャmatu_edited.jpg

atsushi matsumura​

倉本先生_edited.jpg

​daisuke kuramoto

iStock-1015975990.jpg

​satoshi sasaki

画像8_edited.jpg

​keisuke hori

IMG-3482_edited_edited.jpg

​mitsuhiko nakahira

ダウンロード_edited.jpg

​minoru sato

unnamed_edited.jpg

​naoko toriyama

a000532049_01-thumb-autox329-375285_edited.jpg

​ally mukai

1631257639462_edited_edited_edited.jpg

​takuya harayama

324480_1976253974631_646468_o_edited.jpg

​akihiro yazawa

10277240_736395899716364_427048304445128

​yuko moriyama

キャプチャteppei_edited.jpg

​teppei kobayashi

iStock-498016224_edited.jpg

Thanks buddy!

sumairuderibari-.PNG
30.PNG
11.PNG
20.PNG
222222222.PNG
380_280.jpg
キャプチャ.JPG
nnnnnnnnnn.PNG
1111.PNG

にほんげんき株式会社
(正式名:日本元気株式会社)
​代表取締役:原山拓也

Address

​【dugout room】

吉祥寺ダグアウトルーム
┗「小豆島倶楽部」編集室
┗デジタルガキ大将キャンプ企画室

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-15-2
第五三光マンション301 
※MAPは下段掲載


【本社】

〒107-0061東京都港区北青山1-2-3 青山ビル11階 

【金沢支店】

〒921-8013石川県金沢市新神田4丁目4−6
 

Contact

tel:03-5464-8752
​www.nihongenki.net

www.nihongenki.co.jp

Opening Hours

Mon - Fri

10am – 6 pm

Please come visit us in our office anytime.
We will welcome you with warm coffee.

Venez nous rendre visite dans notre bureau à tout moment.
Nous vous accueillerons avec un café chaud.

いつでもお気軽に事務所にお越しください。

温かいコーヒーを煎れて、お待ちしています。

【インボイス登録番号】
登録番号T1010401134403
正式名称:日本元気株式会社(にほんげんき株式会社)
所在地:上記登録内容は国税庁の適格請求書発行事業者公表サイトにて確認できます。
https://www.invoice-kohyo.nta.go.jp/regno-search/detail?selRegNo=1010401134403

    bottom of page