• このエントリーをはてなブックマークに追加

【産経・東京新聞】ダブスタ!東京新聞が報道の自由を阻害、講演会から産経新聞をシャットアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト



「やっぱり産経さんはお引き取りください」。一瞬、何を言われたのか分からなかった。新潟市のホテルで、9月23日に開かれた新潟県平和運動センター主催の講演会。ゲストスピーカーは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者で、テーマは「武器輸出と日本企業-安倍政権の危険なねらい」。

県政記者クラブで告知され、取材に訪れた本紙記者は、主催者につまみ出される形で会場を退席した。その顛末(てんまつ)は…。

本紙記者が、この講演を知ったのは開催前日の夕方のことだった。新潟県政記者クラブに告知されたリリースが県政担当の記者から支局にファクスされ、記者が取材に行くことになった。

会場内は年配層が多く、若い人は少ない印象だったが、望月記者の講演とあってか席はほぼ埋まりかけていた。指定された後方のスペースに荷物を置き、一息ついてから記者はトイレに行った。手を拭きつつ会場の入り口に戻ったときだった。事務局長の有田氏から言われたのだ。「やっぱり産経さんはお引き取りください」と。開演まで、あと10分だった。

予想外の展開に、記者は内心慌てた。「報道陣の取材は全てシャットアウトになったのか」と問うと、「他の社は大丈夫ですが、産経は駄目です」との返答。「なぜ、弊社だけが?」と繰り返し問うと、「産経がいると、望月記者が話したいことを話しづらくなるからです」と、強い口調で返ってきた。

「この講演はオープンなはずでしょう。報道の自由は憲法でも保障されている。そもそも講演のリリースを記者クラブに流しておきながら、弊社のみ取材を拒否されるのは解せない。理由をお聞かせ願いたい」

記者は説明を求めたが、「解せないっていわれても…。とにかく、そう決まったんで引き取ってください」とかたくなに拒否された。どうにも話にならないと思いつつ、最後に聞いた。

「貴会は主義や論調の違いだけで、報道機関をえり好みする団体という理解でよろしいか」と。返答は「そうです。そのように解釈していただいて結構です」というものだった。

>>2以降に続く)

引用元: ・【産経新聞】「産経がいると話しづらい」「テロリストと同じ」記者はこうして東京新聞・望月衣塑子記者の講演会取材を拒否された[10/07]

25: 2017/10/07(土) 07:41:22.95 ID:oFjavEY7
>>2
やっぱパヨクの弾圧こえー

236: 2017/10/08(日) 02:46:44.72 ID:VmvisP35
>>2
ま、共産主義はこうだよね。

26: 2017/10/07(土) 07:42:41.26 ID:TuIvkPX5
>>1
この排他性で、平和運動センターって名前が笑うところだよね。
まさかこの組織に税金はいってないだろうな?

35: 2017/10/07(土) 07:49:33.71 ID:8ONhfVIM

>>1
あーあ、とうとう表面化したかw

これで広報として取材に押し掛けてくるマスゴミの選別ができるわw

106: 2017/10/07(土) 09:03:48.34 ID:dcoUN0R1
>>1
左派系のやつらが望月を議員にしたいので
望月のあら捜しされるのは非常にまずいのよね

198: 2017/10/07(土) 15:49:20.42 ID:ndCkQVZ2

>>1
>ゲストスピーカーは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者

これって巨悪と戦うとか、カッコつけてた女記者だろ
この出来事って報道の自由に対する弾圧じゃネ?
同じ新聞記者として恥ずかしくないのか?
ま、恥って概念自体ねぇのかもな

>新潟県平和運動センター主催

これがアカの集まりだってのがハッキリしたな
つか、地理的にみて北朝鮮系臭い気がするんだが、どうか?

209: 2017/10/07(土) 17:05:26.75 ID:sRl4zg1h
>>1
自分らと意見の違う人間は排除かよ!
排他主義のイソコは言論するな!

220: 2017/10/07(土) 21:15:32.37 ID:2KoAaDZf

>>1

マスコミが国民の知る権利を侵して良いものなのか?

3: 2017/10/07(土) 07:13:59.33 ID:3oCd2O2r
排他的で寛容の無さ 情けない記者だ

16: 2017/10/07(土) 07:24:57.67 ID:CwCOkAss
>>3
排他的だったのはトリマキ

118: 2017/10/07(土) 09:36:21.98 ID:681JpbaD
>>16
本人から言われるに決まってるじゃん。
もし本人は産経オーケー怖くないという姿勢なんだったら、直接この記者と討論会でも開くべき。
そう言えばいま出てるプレジデント誌に、阿比留瑠比氏と望月イソコの誌上対決が載っているが、直接対面したのではなく双方の意見を組み合わせて載せただけ。ちょっと肩すかしだったな。

日本がんばれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加