• このエントリーをはてなブックマークに追加

【親日・台湾・王将】餃子の王将が台湾で好調、中国・大連の失敗をリベンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト



外食チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)の渡辺直人社長は、4月20日に台湾南部・高雄市に出店した台湾1号店の5月の売上高が目標の約2・6倍の2600万円に達したことを明らかにした。
台湾出店の手応えを示したもので、今後は北部の台北市も含めた多店舗展開を検討。海外の店舗網を広げることを視野に、台湾で「店作りのフォーマット(基盤)を固めたい」と話した。

平成17(2005)年に中国東北部の大連市に進出したが、日本の餃子の味が受け入れられずに業績が悪化し、26(2014)年に撤退した経緯がある。

渡辺社長は、台湾1号店が好調に推移する理由として、現地で販売する餃子などの料理の味付けで塩味を薄めにするなど「今回は台湾の人たちの味の好みなど、研究を重ねた結果が出た」と分析。
また、台湾は親日家が多く、店舗の雰囲気や提供メニューを「日本式」にこだわり、台湾の消費者の支持を得られたとみている。

引用元: ・「餃子の王将」、台湾1号店好調!売り上げ想定の2・6倍

22: 2017/06/25(日) 20:12:05.99 ID:P013d+5g0

>>1
> 塩味を薄めにする

日本人の味覚障害は異常だからなぁ
焼き餃子だって、そのまま食っても肉、野菜、小麦、油の味がして美味しいのに
調味料を小皿に溜めて、じゃぶじゃぶ浸けて食うんだもんな
いかれてるぜ

3: 2017/06/25(日) 20:04:17.24 ID:rIr5nCoW0
焼き餃子は珍しいのかな

65: 2017/06/25(日) 21:24:17.56 ID:7ct1tvol0
>>3
鍋貼(焼き餃子)
「鍋貼」(グオティエ、guōtiē)と呼ばれる、焼いた餃子もある。
特に台湾では鍋貼のチェーン店が全国に多数展開され、その他に朝食を売る店や屋台でもメニューとして置かれており、非常に一般的である。
ただ、台湾も中国大陸と同じく水餃子が主流で、点心としても食べられている。
「鍋貼」はもともと「残り物」の餃子を焼いて食べるものと言われることが多いが、現在店舗で料理として売られているものは残り物の再利用ではない。
大きくわけて2つのタイプがあり、日本で「棒餃子」や「鉄鍋餃子」と呼ばれるもののような皮が薄く長細いものが基本で、水餃子とは皮の作り方から違う。
また、水餃子と同じく、丸い形状のものを焼き、鍋貼と称することもある。
現在、台湾の鍋貼チェーンが中国本土にも進出し、展開されている。
中国で焼き餃子が主流ではない理由として、丸底の中華鍋が一般的になり、平底の鍋が普及しなかったからという理由も考えられる。

8: 2017/06/25(日) 20:05:40.05 ID:eoJaHDUm0
天津飯は?天津飯はあるの?

15: 2017/06/25(日) 20:07:55.20 ID:pay6xjr50
韓国だったらあっという間に
「餃子の玉将」
が量産されてオリジナル王将がパクリで訴えられて撤退だろうけど
台湾だとどうなんだろ
広まってくれたら嬉しいなん

41: 2017/06/25(日) 20:38:15.52 ID:v2GjOJ+l0

王将の隠れたヒットメニューは、揚げそば(皿うどん)

次郎系??を思わせる山盛りのホテタ エビ 野菜の具の山www  家族で分け合って食べるのに最高。
一人ならジャストサイズの揚げそば(360円)  ジャストサイズとは言ってもリンガーハット並みの量!
ちなみに ちゃんぽん も王将にあるよ~~~

43: 2017/06/25(日) 20:41:32.00 ID:h1ptKoOg0
いいから社長殺した犯人早く捕まえろ

46: 2017/06/25(日) 20:43:17.04 ID:4TAzSiF50
中国はダメだろ
香港ならいけると思う

62: 2017/06/25(日) 21:11:38.05 ID:7PsDvUJB0

大連は失敗して当然だった
あっちの王将の価格は忘れたが
周りの地元店は1品が2元(約30円)とかだから普通の王将なのにブルジョワの食うもん扱いだった

あっちの2元は日本で言う100円みたいなもんで
マイセンに似た味のタバコ・アサヒっぽいビール・タピオカドリンクとかが2元

66: 2017/06/25(日) 21:25:35.03 ID:V61VeaXo0
従業員は台湾人やろ
本場の奴らが働いたらめっちゃ旨そう

日本がんばれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加