• このエントリーをはてなブックマークに追加

【韓国・中国・大使館】ダブスタ韓国、中国大使館前の「脱北者少女像」設置運動は不法との見解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト



2015年末、日韓慰安婦協定合意以降、日本は元慰安婦たちのために10億円の基金を拠出したが、韓国側はこれを受け取り、一部を元慰安婦たちに支給するなどして消費する以外、何の動きも示さなかったからだ。韓国政府は、例えばソウルの日本大使館前の少女像問題を解決するために市民団体や国民を説得するなり、少女像のために他の場所を提供するなどの努力をするべきではなかったのか。受け取れるものだけを受け取りながら、この問題を放置し続けた結果が今回の混乱を招いたのである。

日本側が大使召還および日韓スワップ協議の中断措置に踏み切った直接要因は何か? 間違いなく釜山領事館前の少女像設置である。だが、ほぼ全ての韓国マスコミは無許可で不法造形物を設置した市民団体に対して遺憾はもとより、批判意見を述べることなく、強硬措置にでた日本側だけを非難している。

引用元: ・【韓国】中国大使館前の「脱北者少女像」設置運動はダメ? ソウル市「脱北少女像を道路に設置することは不法」[1/13]

2: 2017/01/13(金) 20:31:50.54 ID:CAP_USER

>>1

実は、韓国には外国大使館前に「少女像」を設置しようとする市民運動がもう一つある。それは、中国大使館前に「脱北者少女像」を設置しようとする運動だ。北朝鮮から脱北を図る人々が現在も絶え間なく中国へと渡っているのだが、中国当局は彼らを保護することなく、北朝鮮に送り返している。これに対して抗議する人権団体の運動である。

ところが、(慰安婦問題とは異なり)現在も被害者が続出しているこの問題に対して韓国政府もマスコミも無関心だ。外交部は「中国を刺激してはならない」と設置に対して憂慮を示し、中国大使館が位置するソウル市中区庁は「脱北少女像を道路に設置することは不法であり、設置されれば撤去せざるを得ない」(国民日報 2014.3.10)と設置を認めない方針を明らかにしている。「国民感情」を理由に日本大使館前への少女像設置を黙認する対応とはあまりにも対照的な反応である。

46: 2017/01/13(金) 21:29:47.08 ID:RpU94khh
>>2
万年属国の面目躍如だなw
宗主国の機嫌を損ねまいと苦心する姿。実に鮮人らしくてGood

15: 2017/01/13(金) 20:48:10.42 ID:e4VlP2C7
>>1
ダブスタもここまであからさまだと清々し……いわけないわあ。
70年以上前の話にゃ必死な癖に、目の前の同胞の危機はしらばっくれやがった。
最低。

47: 2017/01/13(金) 21:30:20.67 ID:cfYoTgy6

>>1

>「撤去=親日」という社会的雰囲気が確立してしまった中で、大統領不在の「代行体制」が撤去に踏み切るというのは簡単なことではない。

親日=悪
こういう国民性に日本政府と日本人は制裁を加えないと絶対に韓国民との友好はないと何故わからない?

5: 2017/01/13(金) 20:40:38.23 ID:I4MLQU0h
>>ソウル市「脱北少女像を道路に設置することは不法」
法とは何ぞや?ww

9: 2017/01/13(金) 20:41:31.99 ID:M5xNT7Qg
わかり易くて、たいへん結構。
やはり韓国はまともに付き合えない国だと、改めて確認できる。

17: 2017/01/13(金) 20:48:27.05 ID:OiExgZyY
要するに日本人は舐められてる
何をされても最も重要な隣国としか言わない
日本の政治家はどんな弱味握られてるんだろ

23: 2017/01/13(金) 20:56:53.99 ID:4IQkYya0
米軍車両に轢かれた少女像もソッコー
撤去されたしなw
中国や米には逆らえない朝鮮人の見事な
ダブスタっぷり

34: 2017/01/13(金) 21:12:52.34 ID:H6dmJpzl
像が撤去されても市民団体が釜山市役所が麻痺するほど抗議の電話かければ
黙認してくれるよ。前例作っちゃったからね

40: 2017/01/13(金) 21:18:35.22 ID:6gA3AwTU
なんで売春婦と罪無く処刑された脱北者が同列に語られるのか
朝鮮人については、その神経を根本から疑ってかからんといかんな

75: 2017/01/13(金) 23:25:20.17 ID:MeS2OrNT
>>40
そもそも、「脱北者を大事にしない中国酷いニダ」
と言えるほど同民族の北朝鮮の国民を心配する事なんて1ミリもないのが下朝鮮人。
ドイツを見習うべきは朝鮮人。
日本がんばれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加